ライフスタイルの変化や収入の増減を考慮しながら契約を結ぼう

注文住宅の購入に向けて住宅ローンを組みたい場合には、将来のライフスタイルの変化や収入の増減を考慮しながら、自分に合ったローンのプランを考えることがとても重要です。一般的に、ローンの返済期間が長くなったり、一度に数千万円の借入をしたりする場合は、利息や手数料の負担が大きくなる傾向が見られます。そのため、住宅メーカーや金融機関の担当者にアドバイスを貰ったり、返済のシミュレーションをしたりしながら、毎月無理なく返済ができる方法を選ぶことが肝心です。なお、時間があれば住宅ローンの組み方について正しい知識を身につけるうえで、各地の銀行や信用金庫などで開催されているローンの相談会に足を運ぶのも良いでしょう。

早期完済を目指すならボーナスを利用した繰上げ返済も検討しよう

住宅ローンの契約後に早期完済を目指したい場合には、ボーナスを利用した繰上げ返済の有効性についても積極的に検討すると良いでしょう。たとえば、会社員や公務員など年に数回ボーナスが支給される人は、タイミングよく繰上げ返済をすることで、大幅にローン総額が減少することもあるため、借入先の担当者と相談をしてより良い計画を立てることがおすすめです。繰上げ返済の必要性について詳しく知りたい人は、正社員や公務員のローン契約者の数が多い金融機関に直接相談をするのも有効です。その他、過去に高額なローンを組んだことがない場合は、繰上げ返済のタイミングを逃さないために、日ごろからローンの残高をきちんと計算しておくことが大切です。

一戸建ての住宅では家庭用の太陽光発電が設置できるため、電気代を節約することが出来ます。太陽光発電は地球の環境に対しても優しいエネルギーなので、エコ活動にもなります。